グレンフィールド佐久平二期の施工終盤にお話しを頂いたグレンフィールド房総御宿です。時間も無い事から佐久平二期の8戸一の建物をそのまま建てるという計画。しかしデザインコンセプトは間全く違うものが要望され短期間で気合入れてデザインしたこの建物、以外にもパワーアップされ評価の高い建築物となりました。千葉は房総御宿、月の砂漠でも知られる海のリゾートですからヤシの木の似合う、砂漠の宮殿がコンセプトで正にその雰囲気満点の出来となりました。二期から引き継いだキューポラもダイナミックに変貌させ、全体のアーチ構成は地中海の宮殿をしっかり演出しています。今回はインテリアコーディネートにFREECSの田口様を迎え、月の砂漠から金と銀の鞍をモチーフに大胆な内装コンセプトを展開しました。ただ、工期がなく最後は全社員総出で徹夜作業が続き、今までに無い結構な難産だったと思いますが、その分思い入れの大きな実績となりました。全国に広告されるようになれば、その評価も上がるでしょうか。



  グレンフィールド Vacation Club 房総御宿 Sun Flower VILLASデータ

所在/ 千葉県夷隅郡
御宿町
竣  工/ H20年12月 スタイル/
カリフォルニア
ユニット面積/ 100m² 1棟の
ユニット数/
棟数/ 2棟
こだわりポイント 砂漠の宮殿を意識したゴージャスなデザイン





全スタッコ仕上げでアーチ曲線を意識しロマネスクを表現。ヤシの似合うリゾート気分満載の外観。

ダークなトーンに白を強調したコーディネート、
金と銀は石の色やソファーファブリックの雰囲気で表現。


中国でオーダーされた家具や洗面、バスタブなどデザインコンセプトがはっきりしている。

乱型石で演出される棟間の公園、BBQエリアと共に癒しの空間となる。  


平成21年1月現在、金融バブルによる大不況でリゾートの投資は減少傾向になっていくものと思われますが、ゴルフ場に立つタイムシェアの理想はいつか開花するものと思います。
次の建築依頼があるまで、更なるデザイン革新の準備を進めていこうと考えます。

■設計・施工  American Balratt Homes