家を建てるのは2回目のIさん。保険業を個人で営みオフィスを兼用とした住宅を希望されました。従って家自体もコマーシャリズムを意識する必要があり、検討に検討を重ねたカリフォルニアスタイルの住宅が完成しました。
  南カリフォルニアでよく見られる玄関脇のオープンな書斎をイメージし、テラコッタ調の回廊からオフィスに入る仕組み。外装素材は本物のスタッコ(大理石骨材)を使用。室内はオープンな空間作りを基本とし、音楽や映画好きのIさん家族の要望に応え、ピアノエリア/シアターエリアを腰壁で仕切り、ソファー背もたれから演奏するお子様とのコミュニケーションが計れるよう工夫。家族みんなで楽しむ家になりました。


I 邸データ

所在/ 長野市稲里中央 竣  工/ H15年3月 スタイル/ カリフォルニア
敷地面積/ 226.15m2
(68.5坪)
建築面積/ 99.87m2
(30.26坪)
延床面積/ 174.51m2
(52.88坪)
1階/ 83.50m2
(25.3坪)
2階/ 79.48m2
(24坪)
3階/ 26.67㎡
(8坪)
部屋数/ 4LDK
こだわりポイント 南カリフォルニアの家そのもの






ゆったりとしたリビングスペースへと続く、
ドライウォールの優しい壁。


インテリアもマッチし高級感と開放感を演出


2階から見下ろす吹抜けの空間
自慢のシアターエリアが一望できる。
明るい日差しをたくさん取り込れ、邸内を照らし出す大きな窓。






カリフォルニアスタイルを随所に意識したコーディネートが素敵





  間取り図



■設計・施工  American Balratt Homes