団塊の世代のM様ご夫婦は横浜のご自宅を売却し、のどかな山林に移住する計画をされました。折りしも不動産地価の下降気味なご時世、苦戦の末、ようやく夢が達成されました。建物の計画はそれより2年近く前の事ですので、基本プランとデザインはその間、大切に暖められてきたという感じでしょうか。コンセプトはプレイリーハウス(大草原の家)で大屋根にドーマー二つというシンプルで飽きのこないデザイン。中心にはボリューム感を出す為の切妻屋根とアーチで何処から見ても美しいフォルムな為か、2年間でデザインがぶれる事は有りませんでした。余地のフロントヤードは遊歩道をイメージし植栽とランドスケープを楽しむ素敵な庭としてこれからも風景は成長していく事でしょう。最近は益々派手化している輸入住宅業界の中で伝統と基本に忠実な原点と言える作品です。
近隣の散歩の人々が立ち止まって数分眺めていく姿をしばしば見るようですが、納得できますね。

  M邸データ

所在/ 北佐久郡
軽井沢町
竣工/ H21年3月 スタイル/

アーリー
延床面積/ 149.03m² 1階/ 110.69m² 2階/ 38.34m²
部屋数/ 3LDK+ガレージ
こだわりポイント シンプルで飽きのこない代表的なプレイリーハウス












全吹き抜けのリビングはドライウォールの
優しい雰囲気に包まれ、
美しい緑とコラボレーションしています。
お施主様の手作りアンプで
夜は癒しのコンサートホールに。





ダイナミックな階段部や独自の個性を形にした和室など見せ所もしっかり押さえてます。




カバードポーチに座り、のどかな一日を過ごして、自然の変わり行く姿と共に流れていく生活。
素敵な軽井沢ライフを長くお楽しみ下さいM様。
右は「輸入住宅最前線」で掲載したコラージュ写真です。


  間取り図



  1階 左から DINING KITCHEN 右へLIVING

■設計・施工  American Balratt Homes