総ヌークを中心に急勾配の寄棟が美しくバラシングされ、散歩に訪れる人々が
数分立ち止まる絶妙な景観。

都内で高層マンションにお住まいのYさんご家族は皆、自然に憧れを感じ毎年ここ軽井沢を訪れていました。
毎年滞在する宿泊施設は軽井沢ならではの湿気によるカビ臭でお子様の健康を損ねる、という理由から別荘建築の構想が始まりました。徹底した除湿対策性能に加え、デザインの追及はさらに徹底したもので、私もプランニングにはいつも以上の熱が入りました。(どの現場もそうなのですが...)軽井沢では閑静な別荘地対策として地区条例で軒の出500mmが最近義務付けられました。この点も配慮してこのY邸は寄棟屋根をコンセプトに素晴らしい外観が完成したのです。Yさんのこだわりは室内の吹き抜け空間や和室、バスルームにも向けられ一つ一つ完成度の高いものになりました。都会の雑踏から解放されるこの別荘に一年を通して長く滞在して頂ければと思います。軽井沢ではいくつかの住宅を建築させて頂きましたが、観光コースの付近に建つこの別荘が散歩コースの景観になるものと確信しております。


  Y邸データ

所在/ 軽井沢町 竣工/ H19年9月 スタイル/

アトランタ
敷地面積/ 495.00m²
(150坪)
建築面積/ 88.97m²
(27坪)
延床面積/ 140.57m²
(42.6坪)
1階/ 81.59m²
(24.7坪)
2階/ 58.98m²
(17.8坪)
部屋数/ 5LDK
こだわりポイント 総ヌークを生かした外観と空間造り






アメリカではよく使われるモスグリーンベージュのドライウォールは表現し難い美しさで、総ヌークの吹き抜けを威圧感なくまとめています。ダインイングとの見切りには装飾柱を配し豪華さを演出、二階とのつながりには黒基調のバラスターで色を引き締めています。











ABHオリジナルのマントルピース。


森林に目覚める寝室も窓の景色と調和した特別な空間です。

白基調のコの字型キッチン。



ユニットバスを特殊加工し、洗面脱衣所から外部窓まで大き目のFIX窓でシースルーを演出。
森林に囲まれた中でリラックスできる贅沢な空間です。


  間取り図



軽井沢ライフは湿気や寒さとの戦いですが、これなら完璧というもは無いと思います。施主と工務店が色々な観点で話し合い、その場所に合った、また住む人に合った性能造りが重要な事かと 思います。
今年の台風で樹木が相当に倒れ、住民は不安から敷地内の樹木を切ってしまう傾向にあるでしょう。これは湿気対策には良い事ですが環境の異変もきっと考えなければならないと思います。
自然と協調する家作り、これからも励みたいと思います。色々勉強させて頂いて有難うございました、Yさん。

■設計・施工  American Balratt Homes