輸入住宅の最高峰デザイン、ビクトリアンスタイルの中でも最も豪華なQUEEN ANNモデル。
伝統の装飾美をふんだんに取り入れた夢の住宅です。

昔からの憧れをついに実現したMさん(女性)はこの家に大満足しています。
遡る事20年、家を持つなら洋風建築と決めていたMさんには色んな状況の中で今に至るまで先送りされてきたこの計画。憧れの家の為に既に買い続けていた家具が既に有りました。
当アメリカンバレットホームズとしては、そんなMさんの憧れをどうやって実現するか真剣に考えました。購入していた家具は実際のところインテリア性は強いのですが実用的でないものでした。
そこで考えたのは「家具の為の部屋」です。実用性の無い部屋で単なる飾りの部屋です。ただでさえ土地の形状から余裕のある面積が取れないにも関わらず、この部屋を提案しました。最近、巷でDOLL HOUSEが流行ってますよね、その実体版です。一発でその提案に同意して頂いたMさんと他から「無意味だ!」という反発をはねのけて自信を持ってこの計画を履行しました。
さらにMさんの少女期に流行した「ベルサイユのばら」をインテリアコンセプトにして、こんな素晴らしい家が完成しました。完成の折、「反発」は「羨み」に変わったのは言うまでもありません。

  M邸データ

所在/ 長野市 竣工/ H19年4月 スタイル/
敷地面積/ 173.09m²
(52.5坪)
建築面積/ 72.00m²
(21.8坪)
延床面積/ 125.06m²
(37.9坪)
1階/ 62.28m²
(18.8坪)
2階/ 62.78m²
(19坪)
部屋数/ 4LDK
こだわりポイント 家具を生かした間取りとベルサイユのばらコンセプト








玄関正面に配置する家具の為の部屋。
ビクトリアンを象徴する猫足の家具が
絶妙のバランス。
コラム、アーチはこれを引立てます。




ピンクベージュのドライウォールと薔薇をコンセプトにしたソファー、
ラグが繊細にコーディネートされています。




一転、くつろぎのエリアのダイニングはMさんの好きな黄色系のドライウォール。
   ダイニングチェアーの新芽の緑と協調し、格式の中にもやすらぎが。





階段造作はピンクベージュと協調した薄いアイボリーに。
天井造作は最近ABHが得意のレリーフ。




バスルームもこだわりの一つ。9帖程の空間にスケルトンのバスルームを設置。
お化粧室、洗濯室、家事室を兼ねた女性の立場から考えた空間。
バスタブは中国直輸入の枕付き。



こだわりのポイント。薔薇のステンドグラスはアメリカの通販で直接購入したペイントグラスという代物。
美しいアートは空間を象徴し艶やかに演出しています。
これからのお勧め商品ですね。




  間取り図



当方としては初めて女性の立場に立って構築した本格的な家です。
Mさんの憧れのアイテムがふんだんに取り入れられました。バスルームのタイルは延べ12時間くらい決めるのに要しましたが後悔しないお施主様のパワーをひしひしと感じました。
内覧会では輸入住宅ファン以外の方が随分みえましたが、物凄い評判でしたね。女性の憧れは皆一緒なのですね。
Mさん、新規のお客さん連れてちょくちょく参りますので宜しくお願い致します。(間島)

■設計・施工  American Balratt Homes