八王子市郊外の団地に土地を購入したOさんとその娘さんご夫婦は、二世帯同居住宅を構想。数多くの住宅会社を調べるなか、偶然同団地内で竣工したアメリカンバレットホームズのデザインに魅かれたことがきっかけで依頼することになりました。
 階層を別けた二世帯住宅のため、他社のプランでは総2階建てでデザインが単純となり、階段はアパートのようになってしまいました。どの業者のプランも同様で諦めかけていたところ、アメリカンバレットホームズがそれを見事に解決してくれました。
 同社の発想は、まず二階へのアプローチをバルコニーと併用して正面のデザイン化を図ること。一階と二階のコーディネートをコンセプト別けすることでした。一階はこれぞ輸入住宅というモールディング造作やメリハリのあるカラーコーディネートでクラッシックな雰囲気に。二階は南カリフォルニアでよく見られるコンテンポラリーな雰囲気を創り出すため、ドライウォール一色で凹凸感を表現し、落ち着きある空間を演出。アメリカのモダニズムとクラッシックを両方味わえる世界が創り出されています。
 


  O/T邸データ

所在/ 八王子市 竣  工/ H16年11月 スタイル/

ロマネスク
敷地面積/ 269.94m²
(81.65坪)
建築面積/   延床面積/ 190.87m²
(57.73坪)  
1階/ 96.51m²
(29.19坪)
2階/ 94.36m²
(28.54坪)
部屋数/ 3LDK/3LDK
こだわりポイント 南カルフォルニアスタイルの美を追求した本格輸入二世帯住宅


 
アメリカ・カナダの住宅の壁や天井の仕上げとして主流に使われているドライウォールを施したリビングルーム。ドライウォール仕上げを得意とするアメリカンバレットホームズならではの仕上がりとなっています。


2階とは全くコンセプトの違ったクラッシックなコーディネート。2つの折上げ天井の中にメダリオンが配置され、照明を引き立たせている。

アメリカでは主寝室には照明がなく、スタンドやアッパーライトの間接照明で暗めの空間にしている。そんな空間を演出するため、間接照明で落ち着いた雰囲気に。照明は折上げ天井の懐を利用した。

カナダから輸入した無垢材のキャビネットに、オリジナルのボウルが一体となったカウンター。リビングから見えるような配置とし、ホテルのスイートルームのような雰囲気に。
輸入住宅のデザインを象徴するNOOK(ヌーク)
NOOK(ヌーク)とは、直訳すると“陽だまり”という意味。

遊び心満載の子ども部屋は、大胆な色彩コーディネートが印象的。

装飾越しの風景とマッチしている2階バルコニーと併設した玄関。


  間取り図

 


この内容はアース工房 「2005 欧米スタイル」に掲載されています。

■設計・施工  American Balratt Homes