南プロバンスを象徴する正十二角形の円塔が主役の外観デザイン。
円を強調する細い幕板が全体バランスを向上させています。
そして何といっても、今回の一番の実験であるスタッコのグレージング(ぼかし)、
施主様直指示のゾーンにブラッシングし、その風合いを豊かに表現しました。
テーマパークそのものですね。

筑摩群山形村のM様はそれまでアメリカ直輸入のトレーラーハウスに居住していましたが、家族が増え手狭となった事でそのハウスは下取りに出し新築計画の運びとなりました。
 当社はトレーラーハウスのメーカーで、下取りに応じたディーラーよりこのお話しを頂いた訳です。当初は他メーカーのプランで進んでいたのですが、決まった予算でも夢の膨らむ、想像的な家が計画したいという事で、日頃テーマパークのような家づくりを全面的に打ち出していた当社にご決定頂きました、3人の娘さんと楽しむディズニーランドのような家、ゲストに多くのサプライズをする家、それが施主様との間で意気投合しいくつものアイディアが試されました。竣工後の今でも ワクワク ドキドキする本当に楽しい家、3人の娘さんはきっと想像力豊かな女性に成長する事でしょう。ではその楽しい家、とくとご覧ください。

 
 M邸データ
所在/ 東筑摩群山形村 竣  工/ 平成24年1月 スタイル/
敷地面積/
-
建築面積/ 73.05m²
(22.1坪)
延床面積/ 130.02m²
(39.4坪)
1階/ 68.18m²
(20.6坪)
2階/ 61.84m²
(18.7坪)
部屋数/ 4LDK
こだわりポイント テーマパークを我が家に



十二角形の円塔の内部は総吹き抜けでベンチを施工。
そしてこの家のシンボルとも言うべきオリジナル螺旋階段、アイアンのデザインは当社と施主様の共同デザイン。隠れキャラも健在です。


第三の実験はスタッコのはがれ落ちる様。本来欧州ではレンガ造りの躯体にスタッコを施し、年月を経てそれがはがれ落ちる、そしてその風合いが何とも言えないデザインとなるのですが、その雰囲気を創作にによって表現したのがこの画像です。
ちょっとゾクゾクするような怖さもありますが、テーマパークのようでワクワクもしますね。
ゲストイシオシのサプライズです。





一転シックなキャビネットで演出されるキッチンとヴァニティー、全体のファンタジーな雰囲気と相対して落ち付き有るイメージです。



主寝室はテーマパークのホテルの一室をイメージしたリゾート感覚溢れるデザイン。 クラッシックに木製の扉が似合います。
3人の娘さん達の部屋は全て統一のデザイン。南プロバンスから一転し本格アメリカンスタイルの可愛らしいデザインです。モスキートネットがお洒落ですね。



お施主様をダシに「実験」は無いのですが、時に住宅建築も大胆な試みは重要な事です。誰もが憧れるワクワクするような家造りを実践させてもらいました。
M様どうも有難うございました。こんな素敵な家ですから外構も大変ですよ。



■設計・施工  American Balratt Homes